ボトックス治療で多汗症を治すには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏の日の汗は、自分でも嫌になるものです。暑い日中に外を歩いていると、いつの間にか顔やわきから汗がふきだしていることがあります。木陰やクーラーの良く効いた室内に入ると、自然にゆっくりと汗はひいていきます。しかし汗がなかなかひいていかない、という人も少なくありません。
多汗症と呼ばれる症状が出ている場合、わきにいつでも汗をかいていたり、一人汗をかいているということがあります。この汗はエクリン汗腺から出る汗なので、ニオイがあるわけではないものの、におってしまうのではないかという不安がつきまといます。
症状がひどい場合様々な治療法がありますが、ボトックス治療を受けるという選択肢があります。一般的にはボツリヌストキシン注射を行い、汗の量を抑制します。

汗のメカニズム

暑い時に汗をかく、という症状はまず、神経からの命令によってはじまります。体温を調整するため、エクリン汗腺に働きかけ汗をかきます。神経の末端からアセチルコリンという物質が分泌され、発汗を促しているのです。
このアセチルコリンがバランスを崩すと、不必要な汗が出たり汗が出すぎる、多汗症となります。多汗症になると、わき汗パッドなどを使っていても、気になるということもあります。ハンカチを何枚も持っていないと、不安だということもあります。
ボトックス治療として、ボツリヌストキシン注射をすることにより、アセチルコリンの数を抑制することができます。この物質が減ると、汗を出すようにという命令をブロックし、結果汗を減らすことが可能となります。

注射の仕方

ボツリヌストキシン注射を行い、効果が出てくるのが1週間後くらいからです。人により異なりますが、この効果は数か月続きます。しかしすぐ効果がなくなるということもあるようです。原因はいくつかあります。特に注射の仕方に原因がある場合、注射方法をチェックする必要があります。
多汗症に効果が出る注射は、皮内注射です。これは皮膚をすくうようにして、約2ミリから3ミリ針を入れて注射する方法です。
病院によっては、皮下注射をしている場合があります。皮下組織をつまんだ状態で注射針を入れ、皮内注射よりやや奥の方へ注射する方法です。医学的で専門的なことは、実際に目で見ても分かりにくいため、事前に医師に確認したほうが良いです。注射の仕方、効果はどれほど続くものかという細かいことも尋ねることができます。

ピックアップ記事

メスがいらないボトックスで多汗症治療

多汗症は、他の人が汗をかいていなくても汗がでてきてしまう症状です。自覚がある場合もいらっしゃいますが、無自覚という場合もあります。夏場など、みんなが普通に汗をかく季節なら分からないかもしれません。しか...

多汗症の症状を疑うときボトックスを検討する

多汗症の症状は人によって様々です。その原因も様々なので特定しにくいものです。一般的に汗が出てくる状況というのは、外的要素と内的要素があります。外的要素は、天候や季節、サウナや温度の高い場所にいるといっ...

ボトックス治療で多汗症を治すには

夏の日の汗は、自分でも嫌になるものです。暑い日中に外を歩いていると、いつの間にか顔やわきから汗がふきだしていることがあります。木陰やクーラーの良く効いた室内に入ると、自然にゆっくりと汗はひいていきます...

多汗症が疑われる場合ボトックスを考える

身体を動かす仕事をしたり、運動して身体を動かすと汗をかきます。こうした汗は心地よいものです。汗をかきやすいタイプもいるものですが、季節や天候に関係なくいつでも汗をかいている場合は少し心配です。もしかす...