メスがいらないボトックスで多汗症治療

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

多汗症は、他の人が汗をかいていなくても汗がでてきてしまう症状です。自覚がある場合もいらっしゃいますが、無自覚という場合もあります。
夏場など、みんなが普通に汗をかく季節なら分からないかもしれません。しかし冬場、他の人が汗をかいていないのに自分だけ汗をかいているというときもあります。周囲からの目線がきになって外出が嫌になってしまうかもしれません。
そんな生活から解放されるための治療には様々な方法があります。汗のもとになっている、エクリン汗腺を減らすという手術を行う方法があります。汗の根本から治療する方法です。
身体にメスを入れたくない、とか学校や職場を休みたくないという人もいます。そんな人はボトックス治療を選択します。注射によってエクリン汗腺の働きを抑える方法です。

治療の流れ

多汗症でボトックス治療を行う際、一番大切なのはカウンセリングです。
医師がじっくり話をきき、どういう症状が気になっているか、どこまで改善したいかを聞いてくれます。汗ジミなどが悩みの原因なら、どれくらいの量発汗しているか調べてくれます。その際、ボトックス治療に関する疑問や痛みがないかなど、基本的なことを質問できます。もしかすると自分が思っているほど汗をかいていないかもしれません。多汗症に隠れた他の病気が発見されるかもしれません。細かいことも相談することができます。
治療方法に納得したら、実際の施術に入ります。わきに直接注射をするのが一般的です。痛みのないように麻酔と組み合わせたりして、丁寧に施術してくれます。
効果が出てくるのが1週間後くらいなので、汗の量をはかり効果があるか確認していきます。ここで効果がないようなら医師と相談して別の方法を探ることもできます。効果が出るようなら定期的に注射を行っていきます。

その他のポイント

多汗症はその原因も症状も一人ひとり異なります。汗ジミが気になって悩みを解消したいと思っている人にとって、ボトックス治療が有効かもしれません。しかしある人にとってとても効果があった治療法が、他の人にも当てはまるとは限りません。
病院やクリニックを選ぶ際、きちんと治療法を説明してくれるところを選びます。一つの治療法だけをすすめて、他の方法を教えてくれない病院もあります。治療の良い面だけを強調している病院もあります。
ボトックス治療にも当然メリットとデメリットがあります。

ピックアップ記事

メスがいらないボトックスで多汗症治療

多汗症は、他の人が汗をかいていなくても汗がでてきてしまう症状です。自覚がある場合もいらっしゃいますが、無自覚という場合もあります。夏場など、みんなが普通に汗をかく季節なら分からないかもしれません。しか...

多汗症の症状を疑うときボトックスを検討する

多汗症の症状は人によって様々です。その原因も様々なので特定しにくいものです。一般的に汗が出てくる状況というのは、外的要素と内的要素があります。外的要素は、天候や季節、サウナや温度の高い場所にいるといっ...

ボトックス治療で多汗症を治すには

夏の日の汗は、自分でも嫌になるものです。暑い日中に外を歩いていると、いつの間にか顔やわきから汗がふきだしていることがあります。木陰やクーラーの良く効いた室内に入ると、自然にゆっくりと汗はひいていきます...

多汗症が疑われる場合ボトックスを考える

身体を動かす仕事をしたり、運動して身体を動かすと汗をかきます。こうした汗は心地よいものです。汗をかきやすいタイプもいるものですが、季節や天候に関係なくいつでも汗をかいている場合は少し心配です。もしかす...