多汗症が疑われる場合ボトックスを考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

身体を動かす仕事をしたり、運動して身体を動かすと汗をかきます。こうした汗は心地よいものです。汗をかきやすいタイプもいるものですが、季節や天候に関係なくいつでも汗をかいている場合は少し心配です。もしかすると多汗症の症状かもしれません。
多汗症は原因も様々で、分かっていないことも多い症状の一つです。わきや顔にしょっちゅう汗をかいている人なら、人目が気になって余計に多汗症になる、という場合があります。多汗症には他の病気が隠れている、という可能性もあります。内科や婦人科系の病気が見つかるという時もあるので、気になる症状が続いているなら、一度病院にいって相談することができます。気になる状態や汗の量を客観的に調べてくれ、ボトックス治療が有効かどうか確かめてくれます。

エクリン汗腺とは

汗には大きく2種類あります。エクリン汗腺とアポクリン汗腺です。
エクリン汗腺とは身体全体に分布していて、日常生活の中でかく汗のほとんどが含まれます。汗にはニオイがなく、サラサラした汗です。これは通常かく汗で、温度調整のために分泌されます。暑い日や温かいお風呂の中でかいている汗です。
汗は外的要素だけではなく、精神的なものも関係しています。初めて行く場所に出発する時、不安や緊張したときに汗が出てくる経験は誰しもがあると思います。面接や試験の時に、手のひらがジトっとすることがあります。
とてもからい物や熱い物を食べた時に、顔から発汗することもあります。エクリン汗腺は身体の正常な働きから出る汗が中心です。こうした汗は誰しもがかくもので、量が通常なら特に問題にはなりません。

アポクリン汗腺とは

アポクリン汗腺とは、身体全体ではなくわきの下、外陰部、乳輪、外耳道など特定の部分にありニオイが発生しやすい場所にあります。アポクリン汗腺自体にニオイがあるわけではありませんが、汗に含まれるタンパク質や脂肪分が細菌によって分解されるときにニオイが発生します。少し粘着質で、ベトッとした汗で、ワキガの原因ともなります。
女性の場合は、月経とも関係があるといわれています。月経前や妊娠中にアポクリン汗腺が活発になり、汗をかきやすいことがあります。またストレスなどから出る汗もアポクリン汗腺の可能性があります。サラサラした汗ではなく、身体にまとわりついているような汗なので不快な気持ちになる汗です。
多汗症に関係しているのはエクリン汗腺で、ボトックス治療も役に立ちます。

ピックアップ記事

メスがいらないボトックスで多汗症治療

多汗症は、他の人が汗をかいていなくても汗がでてきてしまう症状です。自覚がある場合もいらっしゃいますが、無自覚という場合もあります。夏場など、みんなが普通に汗をかく季節なら分からないかもしれません。しか...

多汗症の症状を疑うときボトックスを検討する

多汗症の症状は人によって様々です。その原因も様々なので特定しにくいものです。一般的に汗が出てくる状況というのは、外的要素と内的要素があります。外的要素は、天候や季節、サウナや温度の高い場所にいるといっ...

ボトックス治療で多汗症を治すには

夏の日の汗は、自分でも嫌になるものです。暑い日中に外を歩いていると、いつの間にか顔やわきから汗がふきだしていることがあります。木陰やクーラーの良く効いた室内に入ると、自然にゆっくりと汗はひいていきます...

多汗症が疑われる場合ボトックスを考える

身体を動かす仕事をしたり、運動して身体を動かすと汗をかきます。こうした汗は心地よいものです。汗をかきやすいタイプもいるものですが、季節や天候に関係なくいつでも汗をかいている場合は少し心配です。もしかす...