そもそもアプリのメリット
2017.04.24

自立アプリには新規顧客獲得と顧客の方へのサービス、そして自社のブランディングにおいてメリットがあります。競合していたり、さまざまなアプリが登場してきていたりするため、「課金」や広告収入をメインとしたアプリは、下手をすると開発しても、見向きもされない可能性があります。

ゲーム系アプリのジャンルは例外ですが、あるゲームクリエーターが会社を辞めました。上から「いかにたくさん課金させる内容のゲームにするか、考えろ!」と言い合いになったからだそうです。ゲームクリエーターとしては「いかにおもしろい内容のゲーム」にするかを、半ば生きがいにしているので、むりもありません。
ただアプリ開発会社も先行投資して決して「遊びで」アプリをリリースするわけではないですから、どちらが正しい意見なのか、判断に迷うところです。

今やこれくらいアプリの存在は重要視されています。しかし、肝心のメリットとなる機能については試行錯誤の真っ最中といったところです。自社でなにかサービスを持っていれば、その利用・活用をいかに楽にあつかえるようにするか、それがアプリの課題であり宿命です。

とくにアプリでは条件もありますが、購入から支払いを簡素化できるメリットがあります。なので、これは利用すべき点でしょう。そして大手各社が行っている「ポイント」制度に加わり、アプリを使えばポイントがたまるようにしたいところです。
それがむりでも自社で物販や何かの配信サービスをやっているのでしたら、独自ポイント制度をもうけて、アプリを使えば使うほどお得になるようにします。

そもそもスマートフォン自体が簡単操作がウリで普及したのですから、その性質を引き継がせ、たとえばある通販アプリなど1タップで即「支払い&購入&配送手続き」まで行ってしまいますから、こんな点は見習うべきです。

また楽しい画像を入れたり、飾り付けをしたりと、難しそうなものも遊び心いっぱいにし、ユーザさんにあつかってもらえるメリットがあります。アプリは紙媒体ではないのですから、静止画ではなくアニメーションで視覚にうったえかける仕掛けや機能をもたせられます。ここへ、1日1回、独自に福引ができる機能を載せておけば、ユーザさんはそれ目当てでアプリを出してくれます。その画面に、新着情報やお知らせ、告知等をさりげなく表示するようにしておけば、口コミ効果も狙えます。

「どうしてもユーザさんにお知らせしたいことがある!」
こんな場合は「通知」というアプリの機能が役立ちます。設定によりますがスマートフォンをバイブさせたり点滅させたりして、メールのように「お知らせ」できます。ただあまり頻繁に「お知らせ」すると通知機能をOFFにされかねませんので、あくまで超重要なときや、なにかの作業やサービスが完了したときのみ使うよう、とどめておきましょう。
画面に「動き」があってポイントや福引など「楽しく」、告知やサービス、手配や確認ができる……、これが今のアプリ最大のメリットとなっています。

▲ ページトップへ